img_02

自毛植毛の手術をしているクリニックがあります

薄毛の代表的な症例としてはAGAと呼ばれているものがあり、男性ホルモンが関係していると考えられています。
AGAを発症しているときには、投薬治療が主な方法となるわけですが、医薬品を使用する治療であることから、効き目については個人差があるために効果が出にくい人であったり、別の持病があるために投薬治療が受けられないという人もいます。



医薬品を使用する治療が受けられない状態の人の場合には、薄毛治療に対応しているクリニックを受診することで、植毛という治療法を選択することも可能です。



植毛の手術であれば、投薬治療を受けられない女性の方でも薄毛の症状を改善させることができます。

特にAGAなどの場合には、頭皮全体の髪の毛が抜け落ちてしまうということは少なく、側頭部や後頭部などには髪の毛が残っていますので、その部分の毛根を採取してドナーとして薄毛の部分に移植するという、自毛植毛の方法も選択できます。


側頭部などに残っている髪の毛については、男性ホルモンの影響を受けにくい性質を持っていると言われていますので、移植した後においてもAGAの影響によってすぐに抜けてしまうという危険性を低くすることが可能です。


近年のクリニックで行われている自毛植毛の手術では、高い定着率を実現できていることから、治療を受けることで自分の髪の毛として根付かせて、毛根として機能させることが期待できます。自毛植毛では抜け落ちてしまった場合でも、毛根が根付いているために、再び髪の毛が生えてきて通常のヘアサイクルを手に入れることが可能になります。